タバコの臭いが取れない?部屋の臭いを消臭する方法

部屋の臭い

近年、飲食店やオフィスなど分煙化が進んでいます。タバコを吸いたい時に吸えない所が増えてきて、喫煙者には肩身の狭い世の中になったと考える方も多いのではないでしょうか。

唯一何も気にせずにタバコを吸える自分の部屋でさえ、訪問者が来る場合に臭いが気になったり、賃貸だとヤニ汚れが気になったりしますよね。

この記事では、なかなか取り除くことが出来ない部屋のタバコの臭いを消す方法ご紹介いたします。

  • 掃除を始める前に部屋の換気をしよう
  • まずは臭いの元から!灰皿やカーテンの消臭をしよう
  • 部屋の臭いは濡れたタオルで取り除こう

部屋についたタバコの臭いの原因は?

そもそも、なぜタバコの臭いはあんなに強烈な臭いなのでしょうか。自分がタバコを吸っていなくても、居酒屋やカラオケなどにずっといると、そのあと部屋に帰ってきたら自分自身からタバコの臭いがすることがありますよね。タバコの臭いは一度衣類や部屋に染み付くとなかなか取れないのが特徴です。

タバコの臭いがなかなか取れないのは、タバコに含まれている有害成分、アセトアルデヒドやビニルピリジン等が原因とされています。これらの他にもアンモニアや硫化水素など数千にもおよぶ様々な物質が混ざり服などに付くため、なかなかニオイが取れないのです。

皆さんタバコといえばニコチンのイメージだと思いますが、ニコチン自体は無臭です。

部屋のタバコの臭いを消す方法

部屋を開けて換気をする

まずは換気を忘れずにしましょう。灰皿や臭いの染みついたカーテンなどからタバコの臭いを発してしまい、部屋全体がタバコの臭いになってしまっているかもしれません。

なので、部屋を色々掃除する前に部屋の空気を循環させて、空気を入れ替えることが大切です。換気する際は、換気扇も合わせて回すと効果的です。

においの元を断つ

さっそく部屋に消臭剤や芳香剤などを置いて対策する人もいますが、
臭いの元を断たないことには、においは次から次へと出てきます。

なので、まずはにおいの元を断つのが大事です。

灰皿を掃除

吸い終わったタバコをそのまま放置しておくと、それらは嫌なにおいの原因になります。

まずは灰皿の中にたまったタバコや灰をしっかり捨てましょう。
灰皿の掃除については、ぬるま湯に重層を入れて30分ほど放置し、その後水洗いするだけでもかなり綺麗なります。

また、普段から灰皿にコーヒー豆と水を入れておくことで消臭効果があります。

カーテン、タオルなどの布製品を重曹で付け置きして洗う

タバコの臭いがすぐ付いてしまうカーテンなどの布製品ですが、ただ洗濯機で洗ってもなかなか臭いを取ることはできません。

ワイドハイターなどの酸素系漂白剤を使って、30分程度しっかり付け置きしてから洗うとタバコの臭いを落とすことができます。

酸素系漂白剤を高頻度で使用し続けると、布製品が痛んでしまう可能性もあるので、
年2~3回程度の頻度で洗うようにしましょう。

エアコンのフィルターを洗う

夏場など久しぶりに付けたエアコンからタバコの嫌な臭いがするときってありますよね。
エアコンは部屋中に空気を循環させるため、その臭いが強烈だと部屋の臭いも臭くなってしまいます。

フィルターをエアコンから取り外して床に置き、 ほこりや汚れなどをまず掃除しましょう。そのあと重層を水に溶かしたスプレーをフィルターに吹きかけ、しばらく放置してから水洗いすると驚くほど臭いがとれます。

また、吹き出し口にもヤニなどが付着して臭いの原因になっていることもあるので、吹き出し口も重曹を付けたタオルなどで拭いてあげましょう。

柔軟剤シートで本や小物を拭く

カーテンやタオルなどの布製品は水で洗うことができますが、本や小物など水洗いできないものもありますよね。

本や小物のタバコの臭いを消す場合、無香料の柔軟剤シートがおすすめです。
軽くなら拭ける小物の場合、柔軟剤シートで拭いてあげるだけでも臭いがかなり取れると思います。本など水気に弱いものについては、柔軟剤シートと一緒にジップロックに入れて1日放置しておくだけで臭いを消すことができます。

部屋に残ったタバコのにおいを除去

次はいよいよ部屋のタバコのにおいの除去です。

濡れたタオルを振り回す

タオルを水で濡らして、部屋の中でタオルをぐるぐる振り回しましょう。これだけでも部屋の臭いは大きく変わります。

水に重層や香りのよいアロマを入れるとさらに効果的です。

消臭剤を置く

濡れたタオルを振り回すだけでもかなり臭いは落ちると思います。それでも臭いがなかなか落ちないという場合には消臭剤を使いましょう。

消臭剤もタバコの臭い専用のものを使うことをおすすめします。 水に溶かした重曹を置くだけでも効果はあります。

タバコの臭いを消そうと部屋に芳香剤を置く方がいますが、これはNGです。

なぜなら先ほどもお伝えしましたが、タバコの臭いというのはアセトアルデヒドなど色々など色々な物質が混ざり合って臭いを発生させているので、芳香剤を置くと、その臭いもまざりあってより強烈な臭いを発するようになってしまいます。

なので、臭いを抑えるには芳香剤ではなく消臭剤を置くようにしましょう。

まとめ

なかなか取れない部屋についたタバコの臭いは掃除をしないと、どんどん強烈な臭いになっていきます。

今回ご紹介した臭いを抑える方法は、誰でも簡単に出来る方法だと思うので、ぜひ実践してみてください。

トップへ戻る