部屋がくさい?飼い猫の独特のニオイを抑える方法!

部屋の臭い

猫を飼っていると、部屋には独特の臭いがついてしまいます。
しかし、部屋の臭いがきつくなっても、自分はいつも生活している空間なので、臭いに鈍感になってしまい臭いに気づかないことが多いです。

来客があった際にも、猫の臭いで嫌な顔をされたくないですよね。
今回は猫の臭いを抑える方法を紹介したいと思います。

  • ネコは本来無臭で臭いの原因はおしっこと食べ残し
  • ネコのトイレは毎日こまめに掃除しよう
  • おしっこには熱湯をかけてアンモニアを分解しよう

ネコの臭いは本来無臭?

実は、ネコは体臭の少ない動物で本来はほとんど無臭です。

ネコは本来自分で狩りをして生活する動物でした。自分の臭いが強烈だと獲物に逃げられてしまうので、常に自分の体臭が無臭になるように活動し狩りをしていたんですね。

ネコは、自分の身体を舐める行為グルーミングで自分の被毛から発する臭いを消しています。また、日中太陽の光を浴びて適度に皮膚を乾燥させることで、臭いの原因となる雑菌などの繁殖を抑えているそうです。

ネコはトイレについても、本能的に自分の居場所を隠そうとするので、おしっこやウンチを自分でしっかりと砂に埋めます。

では、何が部屋をネコの独特の臭いにしてしまう原因なのでしょうか。それは、ネコのおしっこのニオイと食べ残したフードの臭いです。

部屋のネコの臭いを抑えるには?

トイレをこまめに掃除しよう!

ネコのおしっこの成分はもともとアンモニアの割合が多く、そのためアンモニア臭が強くなります。

ネコのトイレの臭いを抑えるには、まずこまめに排泄物を処理することが大切です。
これだけでも、ネコの嫌な臭いはかなりおさえることができます。可能であれば、毎日片づけるようにしましょう。また、トイレ自体をフタ付きのトイレにすることで、臭いの拡散を防ぐことができます。

トイレの数もネコが複数いる場合、1つではなく複数用意するようにしてください。
ネコは他のネコがトイレをしてニオイを付けた場所ではトイレをしません。
なので、トイレが一つだと別の場所でおしっこをしてしまい、そこが臭いの原因になってしまいます。

オス猫のスプレーに気を付けよう!

去勢前にオス猫を飼っている場合、注意しないといけないのがスプレー行為です。

スプレー行為とは、気持ちが不安なときや、自分の縄張りに別のオス猫が近づいたときに、通常よりアンモニアを凝縮したおしっこを広範囲にかけるマーキングです。

スプレー行為で壁や衣類におしっこをかけられた場合、早めに消臭するようにしましょう。臭いが残ってしまいますし、ネコがおしっこをかけた場所をトイレと勘違いして再びおしっこをしてしまう可能性があります。

おしっこがかかった場所を消臭するには、まず試していただきたいのが 、ペットショップなどで購入することができるバイオ分解タイプの消臭剤です。こちらを消臭したい場所に使用するだけで、かなり効果的に臭いを消臭することができます。

消臭剤はないけど今すぐ消臭したいって場合もあると思います。
その場合、おしっこをしてしまった場所に熱湯をかけてください。アンモニアは熱湯によって分解されるので、臭いを抑えることができます。一回で臭いが消えない場合は、何度か熱湯をかけてみると臭いが消臭できます。

おしっこ自体の臭いがきつくてどうしよもないという場合は、便の臭いを軽減するキャットフードも市販されているので、そちらを試してみてもよいと思います。

キャットフードは毎回片づけよう!

ネコが食べたキャットフードをそのまま放置すると、それも部屋の臭いの原因になります。猫に食事を与える場合、食べきれる量のフードを与え、食べ残した分はその都度処理するようにしましょう。合わせて、フードを入れた容器も毎回洗うようにしましょう。

まとめ

今回、ネコの臭いの消臭方法をご紹介しました。
ペットの臭いでお困りの方は多いと思います。一緒に生活するペットにストレスを感じないように、しっかりと消臭していきましょう。

トップへ戻る