洗ったのに洗濯物が臭い!生乾きのニオイの原因と対策

生活の臭い

きちんと洗濯しているつもりでも、ふとした時に漂ってくる洗濯物の生乾き臭。

洗剤を変えたり、天日干しの時間を長くしたり、あらゆる方法を試した方も多いのではないでしょうか?しかし、このいやな臭いを取るためには原因を把握し、臭いの元を根本的に解決する必要があります。

今回は、洗濯物の生乾き臭の原因や改善方法、予防方法まで詳しく紹介します。

生乾き臭の原因

洗濯前に長時間放置している

洗濯機の中に、汚れた洗濯物を長時間入れていると、雑菌が繁殖する原因になります。

雑菌というのは「モラクセラ菌」という菌のことを指します。この菌は元々人間の粘膜に住み着くバクテリアで、人間から出る水分や皮脂を栄養に繁殖しています。

そのため、洗濯物に付いた皮脂や水分も同様にモラクセラ菌の栄養となり、繁殖する際に出る代謝物が臭いの原因となります。

お風呂の残り湯ですすいでいる

節水のためにお風呂の残り湯を洗濯に使用している方も多いと思います。

しかし湯船に入る前に体を洗っているとはいえ、残り湯には雑菌が多く含まれています。その為、残り湯を“洗い” だけでなく“すすぎ”にも使用するとなると雑菌を洗い流すことが出来ず、生乾き臭の原因となってしまいます。

洗濯槽のカビや汚れが多い

洗濯槽のカビ・汚れというのは、覗いただけでは分からない洗濯槽の裏側に一番多く付着しています。

洗濯槽にカビや汚れが付着しているということは、洗濯機内部にある循環経路内が汚れているということ。その状態のまま洗濯することで、衣類にも汚れ・カビが付着し臭いを発生させています。

汚れがしっかり落ちていない

最後は、洗濯機や洗剤・柔軟剤の正しい使い方をしていないために汚れが上手く落ちず、臭いを発生させている可能性があります。

一度で洗濯を終わらせたいからといって、洗濯物を詰め込みすぎていたり、汚れを落としたいと思って洗剤を多く入れていたりしませんか?

詰め込みすぎると衣類が一定の場所から動かず、こすり合わせて洗うことが出来ず、しっかりと汚れを落とすことが出来ません。

そうすると衣類に付着したままの汚れや皮脂が、臭いを発生させる原因となってしまいます。

洗濯物を生乾き臭から防ぐ方法

洗濯したら、すぐに干す

忙しい時には一度に最後までやりきれず、朝は洗濯までして、干すのは帰ってきてから、なんてことはしていませんか。

洗濯水の中に洗濯物を浸けておけば、一見清潔な気がしてしまいます。しかし、洗剤を入れた水に浸けるのではなく、すすぎの状態で浸けておくと生乾きの臭いの元であるモラクセラ菌が繁殖してしまいます。

また、洗濯槽内のカビや汚れも服についてしまい、それがモラクセラ菌のエサにもなります。

時間はかかりますが、洗濯をする時には服を干すところまで一気にやってしまいましょう。

お湯につけてから洗う

生乾きの臭いがついてしまった洗濯物は、お風呂のお湯よりも高い温度のお湯に30分程度つけておきましょう。そして再度洗濯をします。

これで生乾きの臭いを大幅に消すことができます。

衣類を詰め込みすぎない

洗濯をする際は、洗濯機に衣類を詰め込みすぎないようにしましょう。

洗濯機は水流を利用し衣類をこすり合わせ汚れを落としています。
衣類が多すぎると水流でのこすり合わせが出来ず、汚れがそのままになってしまう恐れがあります。

詰め込む容量は、縦型ドラムで7割程度、横型ドラムの場合3割程度、を目安にしましょう。

洗剤をよく溶かす

洗剤は水によく溶かしてから使用しましょう。あらかじめ洗濯機の中に水と洗剤を入れ、しばらく回すと上手く溶かすことができます。

洗剤が水にしっかりと溶けていることで、洗剤が本来持っている洗浄力を発揮することができ、臭いの原因を防ぐことに繋がります。

また、すすぎを行うときに殺菌効果のあるお酢を入れると効果的に臭いを予防できます。お酢のにおいは乾燥させると取れるので衣類につく心配はありません。

お風呂の残り湯を使うときは洗いのときだけ

お風呂の残り湯には雑菌が多く含まれているので、残り湯を洗濯に使用する場合は、”洗い”のみにしましょう。

“すすぎ”を水道水で行えば汚れは流せるので、うまく使い分ければにおいも気にならず、節水も可能です。

間隔をあけて干す

次は洗濯物を干すときの予防方法です。

まず、洗濯物は間隔をあけて干すようにしましょう。風通しを良くすることで、濡れている状態の時間を短縮し、菌の繁殖を防ぎます。

部屋干しは扇風機や除湿機の併用を

梅雨時や台風のシーズンは、洗濯物を部屋の中に干す機会が増えますよね。
洗濯物を、普通に部屋に干すだけでは、部屋の湿度を上げるだけで洗濯物は乾かないので、一工夫が必要です。

部屋干しをするときには、扇風機除湿機を使ってみましょう。
扇風機を洗濯物にあてることで服と服の間に風を送ることができます。

風があたるだけで、洗濯物が乾く時間が短縮されます。

また、除湿機があると雨や台風など湿気が多いときでも効果的に洗濯物を乾かすことができます。
扇風機は湿度が低い部分の空気と、湿度が高い部分の空気を混ぜることで服が早く乾くようにしてくれますが、除湿機は部屋全体の湿度を取ってくれます。

洗濯機をメンテナンスする

洗濯機をメンテナンスして予防する方法です。臭いの原因となるカビ・汚れが洗濯機の中に溜まらないように、洗濯機用クリーナーを使って定期的に掃除を行いましょう。

また、使用後の洗濯機はカビの原因となる湿気が溜まりやすいため、必ずフタをあけて乾燥させておくことも大切です。

まとめ

今回は洗濯物の生乾きの臭いについて、原因と対策をご紹介しました。
普段から身に着ける衣類の匂いは常にいい匂いを保っていたいですよね。

洗濯の仕方を見直して、生乾き臭を抑えていきましょう。

トップへ戻る