誰でも簡単!3分でできる体臭セルフチェック方法!

体臭セルフチェック方法 体臭

日本人は特に自分の体臭が気になる人種と言われており、体臭が気になる人は多いのではないでしょうか。しかし、外部の臭いに比べると、自分自身の体臭にはなかなか気づきにくいものです。
実は自分の気づかないところで、体から嫌な臭いを放っているかもしれません。

自分が悪臭を周りに放っていないか気になる人のために、
自分ひとりでできる体臭セルフチェックをご紹介します。

  • 体臭はお風呂上りに嗅覚をリセットして衣類の臭いで確認
  • ワキ汗はティッシュやラップなど鼻から一旦離してから確認
  • 毎日使っている枕の臭いで頭皮の臭いを確認
  • コップやビニール袋で口臭を確認

自分自身の体臭や口臭はどうなのか、セルフチェックしてみましょう。
それでは、それぞれのどのように確認すればよいか解説していきます。

自分の体臭を確認するには?

入浴後に着ていた衣服の臭いで体臭の確認する

まず始めに体臭のチェックですが、お風呂に入った後、仕事帰りなど一日中着ていた衣服の臭いを確認してみましょう。汗をかいて、そのまま放置してしまうと雑菌は1時間程度で繁殖し臭いを発するようになります。ですから、自分の知らない間に衣服から悪臭を放っている可能性があります。

しかし、自分の臭いを確認しようにも入浴前では自分の体臭に慣れてしまい、自分の体臭がどのぐらい臭うのか正しく判断できません。入浴後に臭いを確認することで浴室の水蒸気で嗅覚がリセットされて、自分の衣服の臭いがどの程度なのか客観的に分かります。
ビニール袋に着ていた衣服をいれ、数分後にその臭いを確認することも効果的です。

さらに、衣服の臭いを確認する個所として一番重要なのがワキです。
体臭は身体のあらゆる部分から発生しますが、その中でもワキは発汗量が多く強烈な臭いを発することが多いからです。

また、衣服のワキ部分の色味も確認してみましょう。
ワキの部分が黄色に変色している場合、ワキガの可能性があります。

自分のワキの臭いを確認するには?

ワキ汗をティッシュもしくはラップにつけて確認する

脇には汗腺があり発汗量が多いため、嫌な臭いを発することが多い部分ですが、自分で直接ワキを嗅いで臭いを確認しても、悪臭だと思わないことが多いです。なぜなら、本当は悪臭だったとしても自分は一日中その体の臭いを嗅いでいるので、嗅覚が鈍感になってしまい気づけないからです。

そこで、ワキをティッシュやラップでこすったあと、深く深呼吸をして、嗅覚をリセットしてから臭いをを嗅いでみると、自分の体臭を確認することができます。
ティッシュに関しては無香料のものを使用して確認するようにしてください。

ワキの臭いを抑える対策

ワキの正しい洗い方を学んで、ワキの臭いを抑えましょう。以下の記事を参考にしてみてください。

自分の頭皮の臭いを確認するには?

毎日使っている枕で確認する

一日着ていた衣服で自分の体臭、特にワキの臭いの確認方法をご紹介しました。
中には「自分の臭いはそこまできつくないな」と思われた方もいると思います。
しかし、悪臭の原因となるのはワキだけではありませんので、まだ安心してはいけません。

髪を洗う頻度が少なかったり、仕事終わりやスポーツで汗をかいた後などでは、頭髪からも嫌な匂いを発してしまうこと可能性があります。

その臭いを枕は毎日吸っているはずなので、枕の臭いを確認することで普段の自分の頭皮がどんな臭いを発しているのか確認することができます。衣服での確認のときと同様に、入浴後、嗅覚がリセットされた状態で確認すると、なおよいでしょう。

頭皮の臭いを抑える対策

頭皮の臭いは、皮脂の酸化や洗い残した菌が原因です。
頭皮は、顔に比べると皮脂の量が約2倍と非常に多くなっていて、それらの皮脂が酸化することで、頭皮から嫌な臭いします。

頭皮の洗い方については、以下の記事を参考にしてみてください。

自分の口臭を確認するには?

コップやビニール袋で口臭を確認する

次に自分の口臭を確認してみましょう。
毎日歯磨きをしているから大丈夫だと思っていませんか。加齢などで舌の運動機能が低下したり、唾液の分泌が少なくなり乾燥してしまうと、口臭もきつくなってしまいます。

自分の口臭は気づきにくいものですが、コップやビニール袋で簡単に確認することができます。

臭いの付いていないコップやビニール袋を自分の鼻と口にぴったりとくっつけます。
そして、鼻から息を吸って、口から息を吐いてください。それを何度かしていると自分の口臭が分かります。

口臭を抑える対策

口臭の原因の多くは舌苔が原因と言われています。 舌苔は口の中の粘膜から剥がれ落ちた細胞や、血液成分、食べ物のカスで構成され、 それらが細菌によって分解されると口臭として嫌な臭いを発してしまいます。
舌苔のケアについては以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧になってください。

まとめ

今回、自分の体臭や体臭を確認するセルフチェックをご紹介しました。
どの方法についてもポイントは自分の発する臭いに慣れてしまった嗅覚をリセットすることで、客観的に自分の臭いを判断することができるというところでした。

どの方法も簡単に試すことができるので、是非自分の臭いをチェックしてみましょう。

トップへ戻る