口臭の原因は舌苔(ぜったい)かも?舌苔除去のポイント

口臭

毎日丁寧に歯磨きしているのになぜか口臭がきつい。そんなときはもしかしたら「舌」に原因があるのかもしれません。

今回は、見逃しがちな舌のケアについてご説明します。

  • 口臭の原因はもしかしたら舌苔が原因かも
  • 舌を洗う際は歯ブラシではなく、専用の舌ブラシで洗おう
  • キウイフルーツを口の中で転がしながら食べよう

舌苔(ぜったい)ということば自体初めて聞いたという方もいらっしゃると思いますので、舌苔とは何かから説明していきたいと思います。

舌苔(ぜったい)とは?

鏡で自分の口の中を見てみると、舌の表面に白いコケのようなものが付着していませんか?このコケのような汚れを「舌苔(ぜったい)」といいます。

基本的に舌苔は誰にでもあるので、舌苔があるからといって焦る必要はありません。しかし、口臭の原因の多くは舌苔が原因と言われています。

加齢などの影響で唾液の分泌が少なくなり口の中が乾燥したり、舌の運動機能が低下すると、口の中の汚れが落ちづらくなり舌苔も増えてきます。

舌苔は口の中の粘膜から剥がれ落ちた細胞や、血液成分、食べ物のカスで構成され、 それらが細菌によって分解されると口臭の原因になる発揮性硫黄化合物を発生させます。

この発揮性硫黄化合物が気体となって発散し、これが鼻につく「卵の腐ったようなにおい」の口臭となってしまいます。

舌苔を取り除くには?

適度な舌磨きを行う

舌をよく見ると赤くて丸い粒がたくさんあるのが分かります。これが味を感知する「味蕾(みらい)」というデリケートな器官です。味蕾の細胞が傷ついてしまうと味覚障害を起こす可能性がありますので、歯ブラシでごしごしと強くこするのは絶対にやめましょう。

ではどのように洗えばよいかというと専用の舌ブラシ(舌クリーナー)を使い、舌苔を落とします。

まずは鏡を見ながら舌を突き出し、舌苔の範囲を確認しましょう。

そして水に浸した舌ブラシを舌苔の一番奥に当て、軽い力で手前に引いてください。

この時強い力をかけると舌を傷つけてしまうため、あくまで優しく行いましょう。

胃腸の調子を整える

胃腸の調子が悪くなることも舌苔が増える原因の一つです。舌の色を確認したとき、いつもより舌が白くなっている場合、口内を清潔に保つとともに胃腸ケアも同時に行うと良いでしょう。
胃腸の調子を整えるには バナナやリンゴをヨーグルトに入れて食べるのをおすすめします。バナナやリンゴは消化にもよく、ヨーグルトには「乳酸菌」や「ビフィズス菌」といった善玉菌が多く含まれ、胃腸の調子を整えることができます。

逆に、アルコールやコーヒー、香辛料などの刺激物や脂っこい食品は控えましょう。

キウイフルーツを食べる

朝食時など、キウイフルーツを舌の上で転がすようにして食べるのも、舌苔の除去に効果があります。

キウイには「アクチニジン」という酵素が含まれており、舌苔を分解・除去してくれます。

キウイの効果的な食べ方は、皮をむいたキウイを30秒ほど口の中で転がして食べる方法です。そうすると舌の隅々まで有効なアクチニジンが行き渡り、舌苔を除去してくれます。

まとめ

これまで、歯みがきしかしてこなかった方も、舌苔のケアを心がけることで、口臭を予防できる可能性があります。

食事の後はきちんと歯を磨き、舌のケアも加えて口腔内を清潔に保つようにしましょう。

トップへ戻る