足が臭う原因はこれ!簡単にできる対処法を紹介

足の臭い

靴や靴下を脱いだとき、足からただよう臭いが気になる…。
長時間の外出や接客など、靴をずっと履いたままのお仕事の方は、自分の足の臭い、気になりますよね。

そのまま靴を脱ぐ座敷の居酒屋に行ったり、友人宅に招待されたときなど、自分の足の臭いが気になって思うように楽しめないこともあると思います。

そこで今回は、足が臭くなる原因とその対処法を紹介します。

足が臭う原因

周りにも気づかれてしまうほどの強烈な 足の臭い。ここでは、足が臭う原因について説明します。

雑菌

足が臭う一番大きな原因は靴の中で繁殖してしまった雑菌です。足にもともと潜んでいる菌が、 皮脂と混ざった汗や垢などの汚れを分解すると、ツンとする足の臭いの元となる物質ができます。

その物質は、納豆にも含まれている「イソ吉草酸」と、酢っぱい臭いがする「酢酸」の二つです。ここで、雑菌の繁殖をより活発にさせてしまう原因を紹介します。

普段はあまり意識しませんが、足の裏は他の部位に比べ汗をかきやすい部分です。足の裏には汗腺が集中して存在しており、その量は背中の5~10倍ほどであるとのこと。足からかく汗の量は、1日にコップ一杯ほどと言われています。

足の裏の汗腺である「エクリン腺」から出る汗は本来無臭です。上述のように、汗が足の裏の常在菌の餌となり分解されて、臭うようになります。

角質

角質自体も本来は無臭ですが、足の裏の常在菌によって分解されることで臭いを発するようになります。

足は全身を支える部分のため、他の部位に比べて、かかとなど基本的に角質が厚くかたくなっています。そのため、垢となって剥がれ落ちる角質が多くなります。

靴、靴下の汚れ

長い時間、靴や靴下を履きっぱなしでいると足は蒸れてしまい、臭いのもととなります。特に革靴やブーツなど、足全体を覆う靴の場合、通気性が悪いので非常に蒸れやすく、より雑菌が繁殖しやすくなります。

食生活

口にする食べ物によって、体臭が変わるという話を聞いたことはありませんか?

よく、肉食の人は体臭がキツくなると言う説が唱えられていますが、足の裏の臭いもそれと同じで食べるものによっては臭いがキツくなる場合があります。

特に、アルコールやにんにくなどの刺激物を好んで摂取していると、臭いがきつくなると言われています。自分の足の臭いが気になり始めたら、食生活が原因が原因かもしれないので、アルコールなどは少し控えることをおすすめします。

疲労臭

洗っても洗っても臭いという場合、疲労臭が原因かもしれません。

疲労が体に蓄積されると、肝臓や腎臓の働きが弱まるため、本来尿として出てくるはずのアンモニアが血液によって全身を巡り、皮膚から出てくるようになります。

特に立ち仕事などで疲れた足は血行が悪くなり、下半身に血液と老廃物が溜まりやすくなります。そのため、毒素であるアンモニアが老廃物として排出され、疲労臭が発生します。

爪垢

爪の間には、汗や古い角質が垢としてたまりやすいです。これを放置してしまうと、強烈な臭いを発しはじめます。

特に親指の爪にはカスが溜まりやすいので要注意です。

ストレス

足の臭いは、ストレスも関係します。「精神性発汗」といい、緊張する局面になると汗の分泌量が増え、結果的に臭くなります。

また、ストレスが溜まることで上述の疲労臭の原因にもなります。

水虫や多汗症が原因で臭くなることも

足に発生しやすい病気として有名なのが水虫です。水虫の原因は白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる白カビの一種が皮膚に付着することによって、発症してしまいます。

水虫になると、リンパ腺が戦おうとするため余計に臭いがひどくなってしまう傾向があります。

また、多汗症が原因になることもあります。多汗症の症状はたくさんありますが、歩いた床が濡れるほどの汗をかいていたら、それは多汗症と判断して間違いないでしょう。汗の量が多い分、雑菌も繁殖しやすくなります。

臭いの改善方法

足の裏にひそむ常在菌は本来悪いものではなく、皮膚の表面を弱酸性に保ち、守るという役割があるのですが、増えすぎると臭いのもとになってしまいます。常在菌を増やさないためにも、古い角質や汚れが残らないよう、丁寧に足を洗いましょう。以下、正しい足の洗い方を紹介します。

正しく足を洗う

Ⅰ.角質を取り除く

まずは足の裏にある厚い角質を取り除きます。やすりや角質リムーバーで優しく角質を落としていきましょう。このとき、やすりは一方向に動かしてください。また、足が濡れた状態で行うと、落とす必要がない角質まで取り除いてしまう可能性があるので、必ず乾いた状態で行いましょう。ただし、やりすぎは禁物! 週に1~2回程度が目安です。

Ⅱ.足湯で汚れを浮き上がらせる

洗面器にお湯をため、足を入れて足湯をします。この作業をすることで汚れが浮き上がり、汚れを落としやすくなります。

Ⅲ.石鹸を泡立てて洗う

片足ずつ、よく泡立てた石鹸を使って洗っていきます。このとき、できるだけボディソープではなく石鹸を使用すると、より効果が高まります。ボディソープには保湿成分が含まれていることが多く、その成分が汗や蒸れの原因になることがあるためです。さらに強い効果が欲しい場合には、足専用の石鹸を使用してみるのも良いでしょう。

ポイントは手で洗うことです。スポンジなどで足の裏を傷つけてしまうと、菌の繁殖を促進してしまいます。手で優しく、汚れが溜まりやすい指の間まで、丁寧に洗い上げましょう。

Ⅳ.爪の間を洗う

見落としがちですが、爪の間は汚れが非常に残りやすい部分です。場合によっては爪ブラシを使用し、しっかりと汚れを落としましょう。この時も乱暴に行うのはNG。優しくささっと洗いましょう。

Ⅴ.よく洗い流す

ぬるま湯でキレイに泡を落としていきます。石鹸カスが残らないよう気を付けてください。

Ⅵ.水気をふきとる

洗い終わったらタオルで水気を完全にふき取ります。水分が足に残っていると、雑菌の繁殖に繋がるため、指の間もしっかり拭きあげてください。ドライヤーを使用するのもひとつの手です。足が完全に乾くまで、スリッパやルームソックスは履かないようにしましょう。

ミョウバンを使う

スーパーにも売っているミョウバンは、足の臭い対策に使えます。ミョウバンには殺菌効果や制汗作用があるため、表面の雑菌を除去することができます。

ミョウバン水の作り方は簡単。まず水500mlと20gのミョウバンを用意し、ペットボトルの中に入れます。ミョウバンは溶けるまでに時間がかかるため、ペットボトルのふたをしめてよく振り、冷蔵庫で保管してください。水が透明になったらミョウバン水の完成です。

使用するときは、さらに10倍に薄めると、刺激が強くなりすぎずオススメです。ガーゼに染み込ませたり、霧吹きスプレーの容器に入れ吹きかけたりして使います。

重曹を使う

重曹も臭い対策に効果があります。洗面器にお湯を張り、大さじ2~3杯程度の重曹を加え、そこに15分程度足を浸しましょう。

足の臭いのもととなる雑菌であるイソ吉草酸は酸性のため、アルカリ性の重曹を使用することで中和され、臭いが消えます。2~3日試すと臭いが気にならなくなってくるはずです。

ちなみにミョウバンと重曹は混ぜると効果がなくなってしまうので、必ず別々に使用してくださいね。

靴を清潔にする

毎日同じ靴を履いているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。湿気をとるためにも、一度履いた靴は出来れば2日は休め、陰干しで乾燥させてください。とはいえ、そんなに多くの靴を用意できないという場合は、冷凍庫に靴を入れてみるという方法もあります。冷凍庫の温度下では雑菌は生き残ることができないため、臭いが消えます。靴を冷やす際は、ジップロックなどに入れましょう。

シューズクロークにも一工夫をすると◎。新聞紙を下に敷くと、靴の水分を吸ってくれて靴をより清潔に保てます。

それでも臭いが気になる場合は、消臭スプレーや消臭インソールを使用してみてください。また、靴のサイズが合わないと汗が増え、臭いの原因になるため、靴のサイズも今一度チェックしてみると良いでしょう。

靴下にも工夫を

足に直接触れる靴下の手入れにも気を遣いましょう。通気性の良い靴下を使用すると、通常の靴下に比べ臭いが減るかと思います。1日履いた靴下は、洗濯機に入れる前に除菌用の石鹸などを使って事前に洗っておくと、より臭いが気にならなくなるはずです。

まとめ

今回は、足の臭いの原因と対策方法についてご紹介しました。

足の臭いは体臭の中でも特に悩まれる方が多い場所です。正しい対策方法で、足の臭いを明日から抑えていきましょう!

トップへ戻る